HOME > AJALTについて > 概要(プロフィール) > 関口明子 プロフィール

関口明子 プロフィール

理事長 関口明子(せきぐち あきこ)

公益社団法人 国際日本語普及協会

理事長 関口明子(せきぐち あきこ)

経歴

1966年

慶応義塾大学 文学部 国文科卒業

 

1966年〜68年

新潟県立女子大学幼児教育科非常勤講師

 

1982年〜現在

(社) 国際日本語普及協会入会。専任教師、事業部長、常務理事、

地域日本語教育担当理事を経て現職(理事長2014年6月)に至る。

 

以下兼職

・1982年〜1998年

  (財)アジア福祉教育財団難民事業本部大和定住促進センターに

於いてインドシナ難民年少者及び成人への日本語教育に従事。(1990〜1998年主任講師)

・1995年〜2009年

  横浜国立大学教育人間科学部講師として、「日本語教授法講義」

「日本語教授法演習」を担当

 

地域の日本語ボランティア養成講座、学校関係者への研修講座、技術研修生への日本語

教育を対象に、講師師及びコーディネータを長年にわたり担当。また、NPO団体、財団、

文化庁等の依頼により、日本語ボランティアとの連携で地域の子どもの日本語教室、親子

日本語教室を長年実施。

活動・著書等

<海外活動>

  • 独立行政法人国際協力機構(JICA)派遣汎米日本語教師研修に年少者への日本語
    教育の講師として、3回派遣される。パラグアイのアスンシオンに2回、アルゼンチンの
    ブエノスアイレスに1回。各10日間の講習。
  • 国際交流基金(JF)派遣日本語教師研修に年少者への日本語教育の講師として派遣さ
    れる。ブラジルのサンパウロ,ブラジリア、ペルーのリマに各10日間の講習。
  • 公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)調査団、視察団の一員として、来日前
    研修の現状の調視察等を中国、フィリピンの数か所を訪問。また、日本語力テスト試行、
    説明等のため中国の数か所を訪問。
  • 公益財団法人日中技能者交流センター中国に派遣している日本語教師の北京大会に数回
    出席、講演その後派遣大学を訪問。
  • 当協会主催年少者への日本語教育講座で韓国で講演他。

 

<ボランティア活動>

  • 1998年〜現在 インドシナ難民を中心としたボランティア日本語教室「やまとセンター友の会」代表。
    日本語ボランティアとしての活動

 

<現在の主な外部役職>

  • 公益財団法人日本国際教育支援協会 日本語教育能力検定試験 実施委員会委員
  • 公益社団法人日本語教育学会 監事
  • 公益財団法人海外日系人協会 評議員
  • 公益財団法人アジア福祉教育財団 定住支援プログラム日本語教育参与
  • 一般財団法人言語教育振興財団 評議員

 

<年少者関連公職経験>

地域日本語教育活動の充実方策に関する調査研究協力者(文化庁)、小学校教育におけるJSL
カリキュラム開発委員(文科省)、空き教室等を利用した親子参加型日本語教室開設事業企
画・評価委員(文化庁)として活動経験を有す。

 

<主な論文・著書等>

年少者関連

  • 「日本定住児童の日本語教育・インドシナ難民児童の多様な言語背景と日本語教育」
    『日本語教育83号』
  • 『文部省学術国際局委嘱 諸外国における外国人人子女教育に対する基本理念と施策およ
    び教育情報サービスに関する調査研究』(共著)(社)国際日本語普及協会
  • 『にほんごをまなぼう3 指導書』文部省(共著)
  • 『かんじだいすき』シリーズ(一)〜(六)および社会・理科編/国語・算数編、練習帳(共
    著)(公社)国際日本語普及協会
  • 「地域の大人の連携で実施した外国にルーツを持つ児童への日本語支援―授業についてい
    ける日本語の底力をつけるために―」『AJALT 日本語研究誌 第3号』(共著 研究代表者)
  • 『多言語社会と外国人の学習支援』(共著)慶応義塾大学出版会 他

成人関連

  • 『じっせんにほんごー技術研修編』『あたらしいじっせんにほんごー技能実習編』
    関連補完教材練習帳等 (共著) (公社)国際日本語普及協会 
  • 『どうぞよろしく』(共著)他研修生、技能実習生用教材多数(公財)国際研修協力機構
    (JITCO)
  • 『新版日本語教育辞典』(共著)大修館書店
AJALT

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目25-2
虎ノ門ESビル2F

PAGE TOP