HOME > AJALTについて > 機関誌「AJALT」 > バックナンバー

機関誌「AJALT」バックナンバー

2016年39号〜2005年28号 定価800円+税

 私とことば特集英文寄稿日本語教師
海外便り

2016年39

 「私とことば

ドナルド キーン

文学を読む

 

What is That?
(紙芝居のはじまり)
Arthur Binard

ケアンズで日本語学校を立ちあげて−オーストラリア日本語教育事情

 

2015年38号

『ことば』が大好きな 子供だった

林 望

演じるニホンゴ

Language and

  Expression in Noh Theatre

Richard Emmert

 マレーシアから

 モロッコから

 私とことば特集ITで日本を
知ろう
日本語教師
海外便り

2014年37号

 「私とことば

矢野 顕子

文字は旅する

「Japanese for Busy People I 」

のAppの開発

 日本を発信!多様な文化が活気づく都市ケルンにて

2013年36号

 「私とことば

谷川 俊太郎

「ことばをとどける『声の力』」  −おすすめスマホ−アプリ/ウェブ12選  フィリピン看護師、介護福祉師
日本語教育プログラムの始動
英国における日本語教育事情

2012年35号

 「ことばについて

千住 博

「プロフェッショナルの日本語」  −手軽に日本語−スマホ活用編  "大河メコン"のほとりの日本語教育
ポーランドの"小さい"町での一年
 私とことば特集異文化を
楽しく学ぼう
日本語教師
海外便り

2011年34号

 「台湾の町で出会った漢字

西尾 珪子

「世界は私の教室です」  回転寿司入門  サマルカンドの蜃気楼 シルクロードの街で日本語を教えて
2010年33号 異文化からの恵み
山下洋輔
「ことばと文化をうけつぐー越境時代の母語・継承語教育」 秋葉原へ行こう ベルギー日本語事情この10年ー欧州連合のお膝元ではただ今ビジュアル特訓中
2009年32号 排球、そして千利休
川上弘美
ライフステージに応じた
生活者のための日本語教育
−当事者の声と提言−
日本人的人生 ブラジルの海辺の街から
−レシフェ日本語学校奮闘記−

2008年31号

(絶版)

「対話」の力
平田 オリザ
−みんなで取り組む−
働く外国人と日本語
お参りに行こう! 中国・大連における日本語教育事情

2007年30号

ことばと出会いに
竹内敏晴
「初級」を再考する
−学習者の立場に立って−
居酒屋 「日本語の世界・日本語を取り巻く世界」事情@stanford.edu
−これからの外国語教育が目指すものは?−
2006年29号 創作と翻訳
リービ英雄
日本語教師の研修
−現在と未来−
顔文字 ポーランド日本語教育事情
−現在に生きる日本への関心の伝統−
2005年28号 頑固に譲れないものがある
野田秀樹
日本語教育における評価とは 温泉 アラビア湾に浮かぶイスラムの王国

注文お申込み

AJALT

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目25-2
虎ノ門ESビル2F

PAGE TOP